検索
  • ハゲ会 公式

フサオとハゲ会

フサオです。

会長に名付けてもらったフサオですが、由来は「フサフサ」のフサオです。名前の通り、フサオはハゲていません(フサフサかどうかは分かりませんが)。今は短いですけど、一年ぐらい前は伸びすぎて結んでましたよ。そんなフサオです。

さて、別に僕の自己紹介などはどうでもいいのですが「なんでフサオはハゲてないのにハゲ会やってるのか?」という点についてフサオから説明しておきたいと思います。ついでに、ノンハゲから見たハゲ会についての付き合い方というかなんかその辺も書ければと思います。

ちょっと長いかもしれませんので、暇つぶし程度に。

■手伝いをするきっかけと理由

会長との付き合いはハゲ会以前からあるのですが、今年の夏に「ハゲ会のロゴができました」みたいなツイートを会長がしてるのを見かけて、なんか別件で話しをしてた時にその話になりました。

ハゲっていうコンテンツは強いので、運営しだいでは集まると思うみたいなマーケティング的な話です。そしたら会長に「ハゲと繋がりたいから手伝って欲しい」と頼まれました。

この流れを見ても多分、普段の「べっち」を知ってる人からすると、なんかハゲをネタにべっちがまた面白いことを始めたなと思うはずです。ただ、フサオは10年ぐらい前にホームページの会長挨拶に書いてあるような話を本人から直接聞いたことがありまして、(ああ、本気だな)とこの時も普通に思えました。それで手伝ってます。

なので、きっかけも理由も会長に「手伝って」と言われたからで、それ以上は何もありません。僕が手伝う理由はそれで十分なのです。もちろん、報酬とか特典もないですよ。ハゲ会にあるのはハゲだけで、金も毛もありませんから。

■「ハゲ会」に参加しないのは何故か? 「ハゲてないから」それだけです。

あくまでもハゲ会っていうのは会長を中心にハゲの人たちが盛り上がっていく会です。僕は会長から依頼を受けて手伝っている身分になりますので、そこに僕の席は必要ないと思っています。先日、会員の方が作ってくれたハゲ会資料にもきちんと「外部評議員」と書いて頂いてます。外部委託みたいな感じですかね。

だからアイデアや意見を言うことはあっても、実行するかどうかは会長とハゲ会の方々次第です。あとはノンハゲとしてブレーキ的な役目ぐらいですかね。どうしても強力なコンテンツなだけに、悪ノリしてしまうと「悪ふざけ」や「自虐」に見られてしまいがちです。そこをノンハゲとして、頭ではなく目を光らせて助言したりします。

実際の所、会長にも最初の二回ぐらいは「ほんとにハゲ会来ないの?」とかお誘い頂いてますし、会員の方にも誘って頂いてたりしますよ。みなさんとてもお優しいのです。

ただ、フサオが断ってるだけです。断る理由は「ハゲてないから」で、そこに僕が入っちゃうとハゲ会のコンセプトもブレブレになるし、何が何だか訳が分からなくなるじゃないですか。ただの飲み会にはしたくないのです。

それに、ハゲ会でお酒飲んでると自然とハゲ話になるらしいんですよ。ハゲの実感のないフサオは特に会話にも加われませんし、「大変でしたね・・・」なんて言うような会でもないですから。多分、本人にハゲの実感がないとレギュラーハゲ会では浮いちゃうと思いますよ。

大事なのは「自己判断でハゲだと思っている」ということ。


ハゲ会はつるっぱげばかりではありません(確かにつるっぱげ多いけど)。会長の言葉にもありますが「ハゲ」は心の病です。ハゲ会はポジティブなハゲ同士が「ハゲてる」という同じアイデンティティで結ばれた者同士で盛り上がれる場であると同時に、少しでも悩んでいるハゲをこっち側に引っ張ってあげたいという場でもあります。だから、ポジでもネガでも「ハゲ」という実感がある人なら来ればきっと何か得られると思います。実際に、現場はすごく楽しいそうです。それは写真からも伝わってきますよね!

ハゲ会では、飲み会以外のイベントや参加の方法も既存会員の皆様と考えておりますし、もちろんハゲだけで集まるわけでなく、ハゲとノンハゲの交流会みたいなこともやりたいと考えております。ハゲとノンハゲで協力して社会貢献なんかできればすごいですよね。

そんな機会ができたらフサオも皆さんにお会いすることもあるかもしれませんね!

■やりがい


やりがいがあるから手伝ってます。フサオにとってのやりがいは「ハゲ会」が成長することと、来てくれた会員の方が楽しんでくれることです。

これはきれいごとでもなんでもなく、最初に会長以外5人も来てくれたり、その次は女性が新しく来てくれたり、最近だと現場で賛同してくれて加わってくれたり。その様子を写した写真が本当に楽しそうで。普通にそういうのが嬉しいです。

ここに参加するのって「気軽に来てね」なんては言っても、正直、最初の一歩踏み出すのが結構ハードル高いじゃないですか?そんな中来てくれてですよ、それでみなさん楽しいって言ってくれてる。そういうドラマがすごくよかったなあって思わせてくれます。だからフサオはハゲ会に参加してなくてもちゃんと嬉しいとか楽しいとかありますのでお気兼ねなく。

みなさんにとってハゲ会が大切な場になってくれれば、フサオもとても嬉しいのです。だから本当に「だるま」さん貸切でやれるようにしましょう(だるまさんにも恩返ししないと)。

ハゲ会へのご参加、フサオも心よりお待ちしております。

■展望


さいごに、ハゲ会のフサオ的展望について書いて終わりたいと思います。最終的なフサオ的展望は「フサオがいなくなること」です。

手伝う時から会長には言ってますが、ハゲ会はハゲ会員が運営するのがあるべき姿です。なので、ハゲ会が自営で回せるようになればフサオはお役御免です。そうなってもらいたいからフサオにとってはフサオがいなくなることが目標です。

組織を運営するってそう簡単なことではありません。参加される方も皆さん色々なご職業・お立場です。会長含めハゲで飯を食ってるわけでもありません。住んでるところもばらばらで、ご家庭だってあります。そんな中、有志でやっても安定的に回すっていうのはなかなか難しくもあります。特に人が増えれば増えるほど。フサオだって仕事もありますからできる限りでしか手伝っておりません。

でも、これを読んでくれて「俺も、私も」ってなってくれれば、それはそれでいいことです。

ただ「急いては事を仕損じる」というように、必要以上に急ピッチで組織を作ろうとすると多分上手くはいきません。数合わせするとか、紙に組織票を書き出すとかは簡単にできます。果たして機能するかというと難しいでしょう。機能してるように見えても、それは瞬間最大風速的であり、長く続くものではないと思います。正直、勢いに任せ無理をすることは反動も怖かったりするのです。


ハゲ会をやるたびに細かい課題も出てきます。少しずつこれを潰すことで、地盤をしっかりと築き、長く続けられるよりよいハゲ会になると思います。だから「俺も、私も」と思う方はハゲ会に来て会長にそう言ってあげて下さい。会長も今はそれだけで嬉しいと思います。

いずれハゲ会側が皆さまにお願いできるようになればお声掛けをさせて頂くと思います。まずはハゲ会自身がまだまだ受け皿ができていません。少しずつ大きくし、皆さまを中心に活動できるような形にしていけるよう頑張ります(既に少しずつ動いてます)。


だから、今はハゲ会に来て、楽しんでください。それでいいのです。それが長く続けられるハゲ会の基盤になるはずです。




―とまあ、フサオって何なのか?どんな立場で何考えてハゲ会に関わってるのか?まじめに書くとこんな感じです。

以前に、会長とハゲてない立場からハゲ会になんで参加してるのか書いといてもらうといいかもとお話を頂いていたので、ブログもできたことだし、会長に許可をもらって書いた次第です。

そしたらすんごく長くなっちゃいましたwww

裏方ですので、今後もあんまり出しゃばる気はないのでどうぞ許して下さいね m(_ _)m ペコリ

ハゲ・ノンハゲ問わず、読んでくれた方、ありがとうございました。 引き続きハゲ会をよろしくお願いします!




127回の閲覧

© ハゲ会

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now